法然と親鸞の信仰(上)

講談社学術文庫
ホウネントシンランノシンコウ
法然と親鸞の信仰(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「信仰というものは、生きるために必要な、日々に欠くことの出来ない、実際に役立つものでなくてはならぬ。心の平和のためにも、また身体をいわゆる肉弾となして、実生活にぶっ突かって行く時にもなくてはならない最後の『拠りどころ』でなくてはならぬ」と考える著者が、法然と親鸞の信仰について、情熱をかたむけて説いた名著。本巻では、法然の生涯について語ったのち、「一枚起請文」の成立ちから奥義までをわかりやすく注釈する。

目次

  • 第一章 内容一般
  •   1.縁起
  •   2.異説
  •   3.動機
  • 第二章 法然の生涯(その時代的背景)
  •   1.誕生と生い立ち
  •   2.出家
  •   3.修道の目的
  •   4.法然の人となり
  •   5.彷徨時代初まる
  •   6.暗黒時代
  •   7.真信打発
  •   8.仏の境涯と人間の命数
  •   9.名号の意味
  •   10.時代についての予言
  •   11.長明の方丈記と兼実の玉葉
  •   12.末法の世相と無常感
  •   13.一切善悪の凡夫人の救済
  •   14.新宗教の旗幟
  •   15.釈尊以来の大導師
  •   16.大原問答
  •   17.法然の勝利
  •   18.大原談義と鴻門の会
  •   19.浄土宗の事実上の承認
  •   20.法難時代はじまる
  •   21.清濁併せ呑む法門
  •   22.念仏禁止
  •   23.法然と兼実
  •   24.配流の法然
  •   25.赦免の沙汰
  •   26.臨終と絶筆一枚起請文
  •   27.滅後
  •   28.主要人物の略伝
  •   29.法然までの念仏門の歴史
  • 第三章 一枚起請文講評
  •   1.そのまま素直に
  •   2.ただ一つのもの
  •   3.理智の苦悩
  •   4.素直な、悪びれない謙遜
  •   5.まじりなき念仏
  •   6.三昧発得
  •   7.法然にともなう異象
  •   8.全文の眼目
  •   9.うつしみの実感
  •   10.浅ましき穢土
  •   11.入信と境遇の背景
  •   12.三心四修
  •   13.偽善と偽悪
  •   14.誓いをたのむ心
  •   15.ほれぼれと唱える
  •   16.愚かものの一念
  •   17.聖とは何か
  •   18.とどめを刺す
  •   19.念仏と世の渡り様
  •   20.申さるるほど申せ
  •   21.生活の虎の巻
  •   22.生きる欲望の強さ
  •   23.念仏申さるるように決めるわけ
  •   24.人生の実相
  •   25.人生の鍵は正義か犠牲か
  •   26.虚無の足下からひらける

製品情報

製品名 法然と親鸞の信仰(上)
著者名 著:倉田 百三
発売日 1977年06月08日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-158155-5
通巻番号 155
判型 A6
ページ数 165ページ
シリーズ 講談社学術文庫

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス