力学

リキガク
  • 電子あり
力学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

力学は物理学を学ぶためには不可欠の分野です。本書は、基礎的な力学をわかりやすく、かつ、理工系として必要な分を不足なく習得できる本です。


本書は『講談社基礎物理学シリーズ』の第 1 巻であり、「力学」という物理学分野を詳説するものです。
力学とは、「物体は、どのような力が働くときにどのように運動するのか」を明らかにする物理学の一分野であり、ガリレイやニュートンによって確立されました。
力学は、「ボールを投げたら何秒後にどこに落下するか」から「惑星はなぜ太陽の周りを回るのか」まで実に様々な問いに答えを与えることができるので、物理学を学ぶためには不可欠の分野です。大学に入っても必ず 1 年次で履修することになっており、主要な物理学シリーズでも第 1 巻に据えられています。
本書は、基礎的な力学をわかりやすく、かつ、理工系として必要な分を不足なく習得できる本です。

目次

  • 第1章 運動の法則
  • 1.1 運動とは何か 1.2 位置の表し方 1.3 座標の時間変化 1.4 速度の時間変化 1.5 速度・加速度の変化 1.6 ニュートンの法則 1.7 万有引力の法則 1.8 重力加速度
  • 第2章 運動方程式の解き方
  • 2.1 運動方程式と微分方程式 2.2 等加速度運動 2.3 空気抵抗を受けた物体の運動 2.4 慣性抵抗(雨滴の落下)
  • 第3章 保存則
  • 3.1 運動方程式の変形I(エネルギー積分) 3.2 ポテンシャルエネルギーと力学的エネルギー保存則 3.3 非保存力と力学的エネルギー 3.4 運動方程式の変形II(運動量と力積,運動量保存則) 3.5 質点系の重心の速度とはね返り係数
  • 第4章 振動運動
  • 4.1 単振動 4.2 振り子の運動 4.3 連成振動
  • 第5章 外力の作用する振動運動
  • 5.1 粘性抵抗のあるばねの振動 5.2  D<0の場合(粘性抵抗が小さい場合) 5.3  D=0の場合 5.4  D>0の場合(粘性抵抗が大きい場合) 5.5 周期的な外力が作用する振動(強制振動)
  • 第6章 慣性力
  • 6.1 相対的に運動する2つの座標系 6.2 慣性系からみた質点の円運動 6.3 円運動する座標系からみた質点の運動 6.4 フーコーの振り子 6.5 ベクトル積(ベクトルの外積)
  • 第7章 角運動量と2体問題
  • 7.1 運動方程式の変形III(角運動量と力のモーメント) 7.2 角運動量保存則 7.3 2体問題 7.4 ばねでつながれた2質点の運動 7.5 2つの質点のもつ角運動量と力のモーメント
  • 第8章 惑星の運動
  • 8.1 ケプラーの法則 8.2 2次元極座標を用いて表す速度,加速度 8.3 万有引力を受けた惑星の運動 8.4 2次曲線の極座標表示 8.5 惑星の軌道方程式 8.6 ケプラーの第3法則
  • 第9章 中心力による運動
  • 9.1 球形物体からはたらく万有引力 9.2 宇宙探査機 9.3 探査機の軌道運動 9.4 ラザフォード散乱
  • 第10章 質点系と剛体 (以下各章詳細略)
  • 第11章 剛体の回転運動
  • 第12章 剛体のいろいろな運動
  • 章末問題解答

製品情報

製品名 力学
著者名 著:副島 雄児 著:杉山 忠男
発売日 2009年09月18日
価格 定価 : 本体2,500円(税別)
ISBN 978-4-06-157201-0
判型 A5
ページ数 240ページ

オンライン書店で見る