赤外分光法

セキガイブンコウホウ
著・編:古川 行夫
  • 電子あり
赤外分光法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

原理、実際の測定法から顕微測定・イメージング、ライブラリサーチ、定量分析、ケモメトリックスなどの応用例まで詳細に解説。フーリエ変換分光法の原理やハードウェアの解説もあり、内容は盛りだくさん。付録も充実。

目次

  • 第1章 赤外分光法の過去・現在・未来
  • 第2章 赤外分光法の基礎
  • 2.1 赤外吸収スペクトル
  • 2.2 分子振動からのアプローチ
  • 2.3 電磁気学からのアプローチ
  • 第3章 フーリエ変換赤外分光測定および分光計
  • 3.1 フーリエ変換赤外分光測定の基礎
  • 3.2 フーリエ変換赤外分光計
  • 第4章 赤外スペクトルの測定
  • 4.1 バルク試料の透過吸収測定
  • 4.2 界面を利用した測定法
  • 4.3 顕微・イメージ測定
  • 第5章 赤外スペクトルの解析
  • 5.1 ライブラリーサーチ
  • 5.2 定量分析
  • 5.3 ケモメトリックス
  • 5.4 群論を用いた解析
  • 5.5 グループ振動による解析
  • 第6章 赤外分光法の先端測定法
  • 6.1 ダイナミック赤外分光
  • 6.2 多角入射分解分光(MAIRS)法
  • 6.3 ナノ赤外分光
  • 付録A 界面での連続条件
  • 付録B Abelesの伝達行列法
  • 付録C クラマース・クローニッヒの関係式
  • 付録D 無機イオンの振動スペクトル

製品情報

製品名 赤外分光法
著者名 著・編:古川 行夫
発売日 2018年04月26日
価格 定価 : 本体4,800円(税別)
ISBN 978-4-06-156904-1
判型 A5
ページ数 320ページ
シリーズ 分光法シリーズ

著者紹介

著・編:古川 行夫(フルカワ ユキオ)

早稲田大学 先進理工学部 教授

オンライン書店で見る