<脳と文明>の暗号 言語・音楽・サルからヒトへ

ノウトブンメイノアンゴウゲンゴオンガクサルカラヒトヘ
<脳と文明>の暗号 言語・音楽・サルからヒトへ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

言語と音楽の起源とは? 何がヒトとサルを分けるのか? 自然界に隠された驚くべき暗号を最新認知科学が読み解く! 定説をうちくだき、まったく新しい視点から「人間とは何か?」に迫る、かつてない知的興奮の書。

目次

  • 序章  読む力は本能なのか?
  • 第1章 脳力のリサイクル
  • 第2章 言語は“ぶつかる”
  • 第3章 メロディーの原材料
  • 第4章 音楽は“歩く”
  • 終章  わたしたちは何者なのか?
  • アンコール

製品情報

製品名 <脳と文明>の暗号 言語・音楽・サルからヒトへ
著者名 著:マーク・チャンギージー 訳:中山 宥
発売日 2013年08月25日
価格 定価 : 本体2,400円(税別)
ISBN 978-4-06-156701-6
判型 四六
ページ数 320ページ

著者紹介

著:マーク・チャンギージー(マーク・チャンギージー)

カリフォルニア工科大学の特別研究員、レンセラー工科大学の准教授を経て、現在、2AI Labsの主任。邦訳書に『ひとの目、驚異の進化――4つの凄い視覚能力があるわけ』(インターシフト)がある。

訳:中山 宥(ナカヤマ ユウ)

翻訳家。1964年、東京生まれ。おもな訳書に『マネーボール』(早川書房)、『ジョブズ・ウェイ』(ソフトバンク クリエイティブ)、『トルネード』(海と月社)などがある。