今度こそわかる素粒子の標準模型

コンドコソワカルソリュウシノヒョウジュンモケイ
  • 電子あり
今度こそわかる素粒子の標準模型
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

クォーク、レプトン、ヒッグス粒子…科学記事をにぎわす様々な素粒子は、いかに構想され、発見されたのか。素粒子理論を専門とする著者が、学部レベルの量子力学と相対論を使って、素粒子の量子力学的な性質を丁寧に解説


クォーク、レプトン、ヒッグス粒子…科学記事をにぎわす様々な素粒子は、いかに構想され、発見されたのか。素粒子理論を専門とする著者が、学部レベルの量子力学と相対論を使って、素粒子の量子力学的な性質を丁寧に解説!!

目次

  • 第1章 概観と準備
  • 1.1 簡単な歴史
  • 1.2 素粒子物理で使う単位系
  • 1.3 磁場中の円運動
  • 1.4 素粒子の分類
  • 1.5 便利なギリシャ語
  • 1.6 Feynmanグラフ
  • 第2章 素粒子の量子数
  • 2.1 スピンの復習
  • 2.2 アイソスピン
  • 2.3 荷電共役
  • 2.4 光子の波動関数
  • 2.5 Gパリティ
  • 2.6 パリティ
  • 2.7 量子数の表
  • 2.8 2体系の波動関数
  • 第3章 クォーク模型
  • 3.1 ハドンロンの分類
  • 3.2 クォークの導入
  • 3.3 クォークの質量
  • 3.4 アイソスピン
  • 3.5 ハドロンの構成
  • 3.6 中間子の量子数
  • 3.7 中間子の分類
  • 3.8 カラー自由度の必要性
  • 3.9 重粒子の基底状態
  • 3.10 中間子のカラー自由度
  • 3.11 カラーの証拠
  • 3.12 重粒子の分類
  • 3.13 その他の中間子,重粒子
  • 3.14 付録:重粒子の磁気モーメント
  • 第4章 相対論的運動学
  • 4.1 Lorentz変換
  • 4.2 Lorentz共変量,不変量
  • 4.3 CM系
  • 4.4 不安定粒子
  • 4.5 Fermiの黄金律
  • 4.6 相対論的位相空間
  • 4.7 2体崩壊
  • 4.8 3体崩壊
  • 4.9 2体衝突
  • 第5章 素粒子の相互作用
  • 5.1 概観
  • 5.2 電磁相互作用
  • 5.3 強い相互作用
  • 5.4 弱い相互作用
  • 5.5 付録:CPの破れとCKM行列
  • 第6章 力の統一
  • 6.1 高いエネルギーでのニュートリノ散乱
  • 6.2 電弱相互作用
  • 6.3 大統一理論
  • 第7章 Higgs粒子
  • 7.1 古典電磁気学の例
  • 7.2 Higgs粒子の必要性
  • 第8章 ニュートリノの質量と振動
  • 8.1 ニュートリノの検証
  • 8.2 ニュートリノの質量
  • 8.3 ニュートリノ振動
  • 8.4 大気ニュートリノ
  • 8.5 太陽ニュートリノ

製品情報

製品名 今度こそわかる素粒子の標準模型
著者名 著:園田 英徳
発売日 2016年02月26日
価格 定価 : 本体2,900円(税別)
ISBN 978-4-06-156608-8
判型 A5
ページ数 224ページ
シリーズ 今度こそわかるシリーズ

著者紹介

著:園田 英徳(ソノダ ヒデノリ)

神戸大学理学部准教授

関連シリーズ

オンライン書店で見る