今度こそわかる論理 数理論理学はなぜわかりにくいのか

コンドコソワカルロンリスウリロンリガクハナゼワカリニクイノカ
  • 電子あり
今度こそわかる論理 数理論理学はなぜわかりにくいのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「数理論理学は難解で、よくわからない」といわれる現状を打ち破る一冊。身近な具体例から始めて、論理の考え方を平易に説き、いつしか論理学の体系的理解が身につく。読めば誰もがわかる平易な“再入門書”が誕生!


「数理論理学は難解で、よくわからない」といわれる現状を打ち破る一冊。
身近な具体例から始めて、論理の考え方を平易に説き、いつしか論理学の体系的理解が身につく。読めば誰もがわかる平易な“再入門書”が誕生!

目次

  • 序 文
  • 目次
  • 第1章 形式論理学の誤謬
  • 第2章 論理の基本定理
  • 第3章 論理の活用:情報処理場面で
  • 第4章 論理が生まれる物語
  • 第5章 意味の外延化と視点
  • 第6章 論理語の使い方:古典主義と直観主義
  • 第7章 数理論理学と論理法則学
  • 参考文献
  • あとがき
  • 索 引

製品情報

製品名 今度こそわかる論理 数理論理学はなぜわかりにくいのか
著者名 著:本橋 信義
発売日 2014年09月10日
価格 定価 : 本体2,700円(税別)
ISBN 978-4-06-156606-4
判型 A5
ページ数 160ページ
シリーズ 今度こそわかるシリーズ

オンライン書店で見る