ゼロからはじめる音響学

ゼロカラハジメルオンキョウガク
ゼロからはじめる音響学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ゼロから学べる超入門! サポートサイトでしっかり理解♪
息をのむほど、わかりやすい! 音響学を学ぶすべての人に読んでほしい。

・理解しておきたい基本的な内容をしっかり押さえ、体系的に解説した。
・サポートサイト(http://floor13.sakura.ne.jp)で実際に音を聞くことができ、より理解を深められる。
・図が多く、イメージしやすいので、すらすら読める。
・工学系に限らず、メディア系でも、言語聴覚士養成でも、教科書として使用できる。

目次

  • 第1章 サイン波
  • 第2章 サイン波の重ね合わせ
  • 第3章 周波数分析
  • 第4章 音の性質
  • 第5章 音声
  • 第6章 日本語の音声
  • 第7章 可聴範囲
  • 第8章 サンプリング
  • 第9章 音の三要素
  • 第10章 マスキング効果
  • 第11章 両耳聴効果
  • 第12章 音の知覚

製品情報

製品名 ゼロからはじめる音響学
著者名 著:青木 直史
発売日 2014年03月27日
価格 定価 : 本体2,600円(税別)
ISBN 978-4-06-156529-6
判型 A5
ページ数 208ページ

著者紹介

著:青木 直史(アオキ ナオフミ)

1972年,札幌生まれ。2000年,北海道大学大学院工学研究科博士課程修了。博士(工学)。現在,北海道大学大学院情報科学研究科助教。専門はマルチメディア情報処理。趣味は音楽と手品。

札幌で毎年6月に開催されるYOSAKOIソーラン祭りのために,LEDで光る「サイバー鳴子」を開発したことがきっかけでモノづくりの面白さに目覚める。テクノロジーのアウトリーチがライフワークのひとつ。

著書に,『ディジタル・サウンド処理入門』(CQ出版社),『C言語ではじめる音のプログラミング』(オーム社),『冗長性から見た情報技術』(講談社ブルーバックス),『サウンドプログラミング入門』(技術評論社)などがある。

おすすめの本

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス