食品安全・衛生学実験

ショクヒンアンゼンエイセイガクジッケン
食品安全・衛生学実験
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

微生物編と化学物質編のスタンダードな実験。食べ物と健康で扱う食品安全・衛生に必要な実験を網羅。実験台の上でA4サイズに折り返して使える画期的な仕様。品質管理の視点を重視した卒後も役立つ実験書。

目次

  • 0.実験にあたって
  • 微生物編
  • 1.微生物実験を行うにあたって 1.1 法令に基づいた実験 1.2 実験を安全に実施するために 1.3 実験を実施するために必要な装置,器具,機材など
  • 2.微生物学的手法2.1 洗浄,消毒,滅菌,無菌操作 2.2 手指および器具の洗浄と消毒,滅菌 2.3 オートクレーブの使用法 2.4 食品の中心温度の測定法 2.5 培地作製 2.6 参考菌株の選択平板培地画線塗抹 2.7 グラム染色と顕微鏡による細菌の観察 2.8 微生物実験における基本操作習得のための実験
  • 3.洗浄前後の手,まな板の生菌数測定3.1 手,まな板などの洗浄法 3.2 手,まな板などの生菌数測定法
  • 4.食品中の細菌数(生菌数)測定法
  • 5.食品中の大腸菌群数試験法5.1 大腸菌群検査法 5.2 糞便系大腸菌群および大腸菌(E.coli)検査法
  • 6.魚介類の腸炎ビブリオ生菌数測定法
  • 7.食品検体からの下痢原性大腸菌の分離・同定
  • 8.食品検体からのサルモネラ属菌の分離・同定
  • 9.食品検体からのカンピロバクター属菌の分離・同定
  • 10.食品検体からの黄色ブドウ球菌の分離・同定
  • 11.食品検体からのセレウス菌の分離・同定
  • 12.食品検体からのウエルシュ菌の分離・同定
  • 化学物質編
  • 13.化学物質を取り扱う実験にあたって 13.1 法令に基づいた実験 13.2 実験を安全に実施するために
  • 14.科学的分析手法 14.1 吸光分析 14.2 クロマトグラフィー 14.3 高速液体クロマトグラフィー 14.4 ガスクロマトグラフィー 14.5 ガスクロマトグラフィー/質量分析法,高速液体クロマトグラフィー/質量分析法 14.6 水蒸気蒸留
  • 15.植物中の有害成分の検出 15.1 シアン(青酸)化合物の検出 15.2 野菜中の硝酸塩の簡易定量
  • 16.食品成分の変質試験 16.1 腐敗性アミン類 16.2 油脂の変敗
  • 17.食品添加物の分析 (以下項目略)
  • 18.食品汚染物質の分析 
  • 19.食器洗浄の検査
  • 20.水質検査 
  • 21.食品の毒性学に関する実験
  • 付表 食品添加物の使用基準

製品情報

製品名 食品安全・衛生学実験
著者名 編:岡崎 眞 編:大澤 朗 編:川添 禎浩
発売日 2010年04月20日
価格 定価 : 本体2,600円(税別)
ISBN 978-4-06-155347-7
判型 A4
ページ数 156ページ
シリーズ 栄養科学シリーズNEXT