なっとくする分析化学

ナットクスルブンセキカガク
  • 電子あり
なっとくする分析化学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

わかる・解ける・役立つ! 分析化学の真骨頂! 必要だけど、とかく計算が面倒だと敬遠される分析化学を、長年道具として使いこなしてきた著者が解説。難解な計算の「何が面白いのか?」がなっとくできる一冊!


分析化学って、こんなに面白かったのか!
酸塩基反応、錯形成、沈殿生成、酸化還元……いろいろな問題がサクサク解ける方法論を解説!

分析化学の専門家でなく、そのユーザーが分析化学を記述することが、初学者には役立つと思い、この本を書きました。要点のみを学ぶのではなく、周辺のこと、余計なこと、そして些細なことを学ぶことは、私たちの頭の中に知識を長く留めるために大切なことだと思い、内容に含めました。それこそが“なっとくする”につながると考えたのです。――<本書「はじめに」より>

目次

  • 第1章 分析化学は進化する
  • 第2章 溶液調製のミスは超危険―溶液の調製と有効数字―
  • 第3章 水溶液中にはミラクルがあった―活量、濃度、平衡定数、そしてpH―
  • 第4章 Water Worldの渡り方―分析化学の問題を解くための方法論―
  • 第5章 ひっかけ問題に気をつけろ―酸塩基反応―
  • 第6章 未知量の数が多かったら獣道を探そう―錯形成反応 その1―
  • 第7章 ありがとう、いい試薬です―錯形成反応 その2―
  • 第8章 食塩から尿管結石まで―沈殿生成反応 その1―
  • 第9章 溶解変化もぶっとばし―沈殿生成反応 その2―
  • 第10章 声に出して読みたい公式―酸化還元反応 その1―
  • 第11章 知りたいのは電池のパワー―酸化還元反応 その2―
  • 第12章 酢豚から醤油まで―容量分析:滴定操作と指示薬―
  • 第13章 研究の最前線で役立っている分析化学―液液抽出法とイオン交換法―
  • 第14章 機器との遭遇―機器分析のご紹介―

製品情報

製品名 なっとくする分析化学
著者名 著:斎藤 恭一 絵:武曽 宏幸
発売日 2010年03月31日
価格 定価 : 本体2,700円(税別)
ISBN 978-4-06-154571-7
判型 A5
ページ数 234ページ
シリーズ なっとくシリーズ

オンライン書店で見る