なっとくする電気数学

ナットクスルデンキスウガク
  • 電子あり
なっとくする電気数学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

電気と機械を学ぶための実用数学の基礎。 工学の現場での実際例を豊富に用いて、工業数学の基本的考え方と手法とを、手にとるようにわからせる本。「なっとくする物理数学」の、工学分野の姉妹書。


この1冊が、欲しかった!
これから電気を学ぶすべての人に捧げる入門書。

電気数学の新しいスタンダード、ついに登場!
電磁気学や電気回路の豊富な具体例で、電気数学の基本的な考え方と手法が、みるみる身に付く!!

たとえば電気系学科で最初に学ぶ交流回路の講義では、必ずjwが出てくる。しかし虚数や複素数に対する正確な知識がないと、なぜ交流回路の解析にjwが必要なのか、理解できないはずである。専門科目の興味ある内容が、数式がわからないために理解できない、というのはもったいない話である。――(本書「まえがき」より)

製品情報

製品名 なっとくする電気数学
著者名 著:後藤 尚久
発売日 2001年07月30日
価格 定価 : 本体2,700円(税別)
ISBN 978-4-06-154525-0
判型 A5
ページ数 240ページ
シリーズ なっとくシリーズ

オンライン書店で見る