エンジニアのための化学工学入門

エンジニアノタメノカガクコウガクニュウモン
エンジニアのための化学工学入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

化学メーカーに入ったら最初に読む本! 化学工学の「とっつきにくさ」を熟知した著者が、ものづくりの現場に役立つ知恵を解きほぐす。物質や熱の出入りを理解し、装置を自在にコントロールする技術が身につく、必携の書

目次

  • 第1章 モデリング 目的を理解してなっとくする
  • 第2章 フラックス モノの出入りを測るための量
  • 第3章 無次元数 役立つ数をアナロジーでつくる
  • 第4章 物質移動係数 フラックスは濃度差や温度差に比例する
  • 第5章 カイネティクス 真の反応速度は濃度のn次に比例する
  • 第6章 拡散係数 材料の構造が拡散を左右する
  • 第7章 収支 化学工学で数式をつくる基本の原理
  • 第8章 有効係数 内部の分布を表面の値で済ます
  • 第9章 混合 現実の混合は両極端の間で起きる
  • 第10章 接触面積と接触時間 性能を上げるために増やす
  • 第11章 両極端 対となる言葉を覚えてアイデアを生み出す

製品情報

製品名 エンジニアのための化学工学入門
著者名 著:斎藤 恭一 絵:武曽 宏幸
発売日 2012年03月18日
価格 定価 : 本体2,800円(税別)
ISBN 978-4-06-154374-4
判型 A5
ページ数 160ページ