最新 昆虫病理学

サイシンコンチュウビョウリガク
その他:国見 裕久 その他:小林 迪弘
最新 昆虫病理学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

最新の知見にも対応した、待望の書。分野の概観を掴みやすいように体系だった構成に配慮。微生物学の基礎知識から詳細な各論、昆虫病理学の発展と応用まで解説。教科書としても参考書としても役立つ必携の書。

目次

  • 最新 昆虫病理学
  • 目次
  • 第1章 序論―昆虫病理学と昆虫の病気
  • 1.1 昆虫病理学とは
  • 1.2 昆虫の病気
  • 1.3 昆虫の病理研究
  • 1.4 昆虫病理研究と生物生産
  • 1.5 昆虫病理学の展開と他分野への貢献
  • 第2章 微生物と昆虫
  • 2.1 生物と微生物
  • 2.2 微生物の種類と特性
  • 2.3 病原微生物と非病原微生物
  • 2.4 微生物の感染と伝播
  • 2.5 寄生と共生
  • 2.6 昆虫の体制と感染経路
  • 2.7 昆虫の病原微生物
  • 第3章 細菌病
  • 3.1 細菌の特徴
  • 3.2 昆虫の細菌病
  • 3.3 Bacillus thuringiensisの殺虫性タンパク質
  • 第4章 菌類病
  • 4.1 菌類の特徴
  • 4.2 昆虫病原菌類の感染病理
  • 第5章 原虫病
  • 5.1 原虫の特徴
  • 5.2 昆虫の原虫病
  • 5.3 微胞子虫類のゲノムと系統分類
  • 第6章 ウイルス病
  • 6.1 ウイルスの特徴
  • 6.2 昆虫のウイルス病
  • 6.3 バキュロウイルスの特性と増殖
  • 第7章 線虫病
  • 7.1 線虫の特徴
  • 7.2 線虫病
  • 第8章 感染病の疫学
  • 8.1 疫学の概要
  • 8.2 主要因
  • 8.3 感染症の疫学の応用
  • 第9章 昆虫における生体防御
  • 9.1 昆虫の生体防御の特徴と成り立ち
  • 9.2 細胞性免疫
  • 9.3 液性免疫
  • 9.4 ウイルス感染に対する生体防御
  • 第10章 昆虫病理学の展開
  • 10.1 微生物農薬としての利用
  • 10.2 バキュロウイルスの機能開発と利用
  • 10.3 サイポウイルスの機能開発と利用
  • 10.4 Bacillus thuringiensisの開発と利用

製品情報

製品名 最新 昆虫病理学
著者名 その他:国見 裕久 その他:小林 迪弘
発売日 2014年02月18日
価格 定価 : 本体4,800円(税別)
ISBN 978-4-06-153740-8
判型 A5
ページ数 272ページ