大学院素粒子物理1

ダイガクインソリュウシブツリ1
大学院素粒子物理1
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第一級の研究者による素粒子論の展望と基礎。学部上級から修士クラスに向けたコンパクトな解説。第一級の研究者たちが自ら開拓した分野について、そのエッセンスを語る。教科書・自習書として最適。

目次

  • 1章 素粒子物理学の地平
  •   1.素粒子物理学におけるパラダイム
  •   2.問題点および論点
  •   3.超対称性
  •   4.推測的展望
  •   5.追補(1996年)
  • 2章 場の量子論による素粒子の記述
  •   1.場の量子論の構成
  •   2.ゲージ理論
  •   3.摂動論
  • 3章 標準模型
  •   1.クォーク模型
  •   2.クォーク――レプトンの模型
  •   3.強相互作用の基本法則
  •   4.統一理論を目指して
  • 4章 量子電磁力学の精密テスト
  •   1.ファインマン・パラメーター表示によるQEDの散乱振幅
  •   2.QEDの束縛系への適用
  •   3.電子の異常磁気能率
  •   4.ミューオンの異常磁気能率
  •   5.ミューオニウムの超微細構造
  •   6.その他の原子系
  •   7.種々の方法で得られた微細構造定数αの比較によるQEDの精密テスト
  • 5章 時空の対称性
  •   1.パリティの非保存
  •   2.荷電共役変換
  •   3.標準理論におけるパリティ非保存
  •   4.ハドロン間相互作用におけるパリティ非保存
  •   5.CPT対称性と等価原理
  •   6.K中間子崩壊におけるCP非保存
  •   7.小林――益川模型
  •   8.B中間子崩壊におけるCP非保存
  •   9.時間反転
  •   10.電気双極子モーメント
  •   11.原子核のβ崩壊とK →π μ ν崩壊における時間反転
  •   12.中性子吸収反応における時間反転

製品情報

製品名 大学院素粒子物理1
著者名 編:中村 誠太郎 著:南部 陽一郎 著:木下 東一郎 著:牧 二郎 著:中西 襄 著:政池 明
発売日 1997年03月13日
価格 定価 : 本体5,500円(税別)
ISBN 978-4-06-153224-3
判型 A5
ページ数 288ページ

おすすめの本