非平衡系の科学(2) 緩和過程の統計力学

ヒヘイコウケイノカガク2カンワカテイノトウケイリキガク
非平衡系の科学(2) 緩和過程の統計力学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

統計力学による生きている系へのアプローチ。現象論中心の第1巻とは対象的に、分子論的立場から緩和過程と反応理論を融合させた最新の教科書。ブラウン運動、リウビル方程式、凝縮系の化学反応を丁寧に解説。

目次

  • 0 序文
  • 1 ブラウン運動と拡散
  •   1.拡散現象
  •     1.拡散と移動度
  •     2.ランダム・ウォーク
  •     3.経路積分
  •     4.連続時間格子模型
  •   2.ブラウン運動
  •   3.一般化されたブラウン運動
  •   4.流体緩和
  •   5.一般の揺動力の扱い方
  •   6.非線形系に対する雑音の効果
  •   7.動的効果
  •   8.固相拡散の現象論
  •     1.量子拡散の現象論的模型
  •     2.量子拡散の微視的模型
  • 2 微視的輸送理論
  •   1.非平衡統計力学の基礎
  •   2.グリーン・久保の公式
  •   3.分布関数
  •   4.局所平衡アンサンブルからのずれ[ズバレフの方法]
  •   5.線形応答理論
  • 3 化学反応の運動論
  •   1.生成消滅過程
  •   2.多変数の場合
  •   3.スモルコフスキー方程式
  •   4.電子・イオン再結合反応
  •   5.化学反応と質量作用の法則
  • 4 スピン緩和の統計力学
  •   1.磁気共鳴と磁気モーメントのゆらぎ
  •     1.振動磁場
  •     2.2点間をジャンプする場合
  •     3.量子的運動とスピン緩和
  •   2.一次元交代磁場中の量子的運動とスピン緩和
  •   3.等方的な磁場の乱れの場合

製品情報

製品名 非平衡系の科学(2) 緩和過程の統計力学
著者名 著:北原 和夫
発売日 1994年09月19日
価格 定価 : 本体3,010円(税別)
ISBN 978-4-06-153214-4
判型 A5
ページ数 158ページ