日本発宇宙行き「国際リニアコライダー」

ニホンハツウチュウイキコクサイリニアコライダー
  • 電子あり
日本発宇宙行き「国際リニアコライダー」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

宇宙の謎を解き明かす超大型粒子加速器の建設に邁進する一人の若き素粒子物理学者と大政治家与謝野馨のストーリー。次世代のこどもたちのために、与謝野馨の檄がとぶ!「物事を成すにウルトラCは無い。王道を着実に歩め。国際リニアコライダーは、日本がやるべきだ!」

「ノストラダムスの大予言」を読んで、地球を脱出するために量子力学と相対性理論をまなび、素粒子物理学の道に進んだ主人公川上肇は「神の粒子」に出会った。欧州原子核研究機構(CERN)で六年半に及ぶ研究生活を送った川上肇は、果たせなかった夢を実現するために決心する。
「ヒッグス粒子を探索するには、世界最大のCERNの円形加速器でも粒子の衝突エネルギーがたりない。『万物に質量を与えた神の粒子』といわれるヒッグス粒子の振る舞いをあきらかにするには、衝突エネルギーを格段に上げられる直線加速器を日本に建設するしかない」

世界でひとつだけ建設が計画されている超大型粒子加速器実験設備「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致に邁進する川上肇と物理好きの大政治家与謝野馨との出会いが物語を紡ぐ。ILCを日本に誘致することができるか、プロジェクトは今まさに正念場にさしかかっている。

目次

  • 若き素粒子物理学者の挑戦
  • 政産官学が一つになった日
  • 科学技術立国日本 復活の狼煙
  • ラストスパート

製品情報

製品名 日本発宇宙行き「国際リニアコライダー」
著者名 著:有馬 雅人
発売日 2018年03月17日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-153163-5
判型 四六
ページ数 152ページ

著者紹介

著:有馬 雅人(アリマ マサト)

一橋大学卒。三菱重工業在職中に先端加速器科学技術推進協議会初代事務局長となる。現在、ボランティアで活動を応援中。

オンライン書店で見る