ヘレン・ケラー自伝 (新装版)

ヘレンケラージデンシンソウバン
  • 電子あり
ヘレン・ケラー自伝 (新装版)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 ヘレン・ケラーは19世紀後半、アメリカに生まれた社会福祉活動家、教育者です。この本は彼女が22歳のときに書いた『わたしの生涯』の翻訳したものをもとにしています。
 ヘレンは、見えない、聞こえない、話せない、の三重苦を、おどろくべき努力と周囲の支援で乗り越えて成長し、のちに障害者教育、福祉の発展に尽くしました。
 巻末には、ヘレンの教育者であったサリバン先生の生涯について、東海大学教授・鳥飼行博氏の書き下ろし解説を収録。その後のヘレンの人生を知ることもできます。

*巻末に人物伝つき
*小学上級から 
*すべての漢字にふりがなつき

目次

  • はじめに
  • 1 白い闇の中で
  • 2 旅立ち
  • 3 光ある世界
  • ヘレン・ケラーの年表
  • 解説 奇跡の先生アン・サリバン  鳥飼行博
  • ヘレン・ケラーをめぐる歴史人物伝
  • 障害者のためにはたらいた人たち

製品情報

製品名 ヘレン・ケラー自伝 (新装版)
著者名 作:ヘレン・ケラー 訳:今西 祐行 絵:佐竹 美保
発売日 2017年10月19日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-149923-2
判型 新書
ページ数 226ページ
シリーズ 講談社 火の鳥伝記文庫
初出 本書は講談社火の鳥伝記文庫『ヘレン・ケラー自伝』(1981年11月初版)を底本に、新しい資料に基づいて改訂を行い、一部の文字づかい、表現などを読みやすくあらためたものです。

著者紹介

作:ヘレン・ケラー(ヘレン・ケラー)

●社会福祉活動家、教育者。1880年アメリカ生まれ。三重苦を乗り越え、障害者福祉の前進に貢献した。日本へも3回訪れたことがある。1968年87歳で逝去。

訳:今西 祐行(イマニシ スケユキ)

●児童文学作家。1923年大阪府生まれ。早稲田大学仏文科卒業。在学中から早大童話会に属し、児童文学を志す。主な児童文学に『肥後の石工』『浦上の旅人たち』『光と風と雲と樹と』。そのほか絵本に「源平絵巻物語」シリーズ、『土のふえ』など。日本児童文学者協会賞、野間児童文芸賞、小学館文学賞、芸術選奨文部大臣賞など受賞多数。1992年紫綬褒章を受章。2004年逝去。

絵:佐竹 美保(サタケ ミホ)

●画家。1957年富山県生まれ。SF、ファンタジーを中心に幅広く活躍。おもな作品に『魔女の宅急便』(そのその3~その6、角野栄子)、「ハウルの動く城」シリーズ(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、訳=西村醇子・市田泉)、『ヨーレのクマー』(宮部みゆき)などがある。

オンライン書店で見る