アインシュタイン (新装版)

アインシュタインシンソウバン
  • 電子あり
アインシュタイン (新装版)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 アルバート・アインシュタインは、19世紀後半、ドイツに生まれたユダヤ人の科学者です。 「この針は、どうして同じところばかりさすのさ?」 方位磁石がいつも北をさすことが ふしぎでしかたないアインシュタイン少年。 学校は大きらい。難しい質問ばかりするので先生にきらわれ、 友だちはバイオリンだけでした。 しかし、ガリレオ・ガリレイ、アイザック・ニュートン など偉大な科学者に次第にあこがれるようになっていくのです。
「時間や空間がのびちぢみする」「光が重力で曲がる」など 当時の常識をくつがえす「相対性理論」を打ち立て、科学の発展に大きく貢献しました。
 そして、1922年『光量子の理論』でノーベル物理学賞を受賞します。
 また、「E=mc2」は世界一美しい方程式と言われて、宇宙研究の発展につながりました。 戦争の時代に、科学をきわめ、音楽をかなで、平和を求めたアインシュタインは、 多くの人々から愛されました。 ところが、アインシュタインの研究がもとで、アメリカが原子爆弾の開発に成功。 広島と長崎に原子爆弾が投下されてしまうのです……。

*巻末に人物伝つき
*小学上級から 
*すべての漢字にふりがなつき

目次

  • はじめに
  • 1 おとなしい男の子
  • 2 青春のスイス
  • 3 科学の巨人、世界をめぐる
  • 4 しのびよる影
  • 5 老巨人の死
  • アインシュタインの年表
  • 解説 老巨人のゆいごん  岡田好惠
  • アインシュタインをめぐる歴史人物伝
  • アインシュタインと平和を目指した者たち

製品情報

製品名 アインシュタイン (新装版)
著者名 文:岡田 好惠 絵:佐竹 美保
発売日 2017年10月19日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-149922-5
判型 新書
ページ数 194ページ
シリーズ 講談社 火の鳥伝記文庫
初出 本書は講談社火の鳥伝記文庫『アインシュタイン』(1998年4月初版)を底本に、新しい資料に基づいて内容の改訂を行い、一部の文字づかい、表現などを読みやすくあらためたものです。『解説』は旧版のものに新しい情報をくわえて再録しました。

著者紹介

文:岡田 好惠(オカダ ヨシエ)

●翻訳家、著述家。静岡県熱海市に生まれる。青山学院大学仏文科卒業。『地球をかいにきたゾウ宇宙人』で第4回福島正実記念SF童話賞を受賞。主な翻訳に「ティーン・パワーをよろしく」シリーズ、「フェアリー・レルム」シリーズ、「デルトラ・クエスト」シリーズ、「魔法の国のかわいいバレリーナ」シリーズ、『みんなが知らない美女と野獣』。絵本の翻訳に「アンジェリーナ」シリーズなど。

絵:佐竹 美保(サタケ ミホ)

●画家。1957年富山県生まれ。SF、ファンタジーを中心に幅広く活躍。おもな作品に『魔女の宅急便』(その3~その6、角野栄子)、「ハウルの動く城」シリーズ(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、訳=西村(にしむら)醇子(じゅんこ)・市田泉)、『ヨーレのクマー』(宮部みゆき)などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る