徳川家康 (新装版)

トクガワイエヤスシンソウバン
  • 電子あり
徳川家康 (新装版)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

徳川家康は、1542年、愛知県の岡崎城で生まれました。 戦乱の世、3歳で母と生きわかれ、8歳で父・松平広忠とも死別、 19歳まで駿河の今川家の人質として成長します。 長じては、 織田信長、豊臣秀吉からも一目おかれる大名となり、巧みな戦略で勝ち残っていきます。 そして1600年、史上最大の合戦「関ヶ原の戦い」に勝利し 江戸幕府を開きました。 戦国の世を生きぬき、ついには新しい時代をつくったのです。


 徳川家康は、1542年、愛知県の岡崎城で生まれました。 戦乱の世、3歳で母と生きわかれ、その後8歳で父・松平広忠とも死別、 19歳まで駿河の今川家の人質として成長します。 その少年時代は苦労の連続でした。
「おれは人数の少ないほうがきっと勝つと思うよ。」
後に徳川家康となる少年、竹千代は 河原で子どもたちが石をぶつけあう石合戦を見ていて 少ない人数のほうが勝つと予想しました。 予想は的中。大きな集団は、すっかり油断をしていて 小さな集団は、心をひとつにして戦っていたのです。 冷静に戦況を見つめ、勝機をつかむ、 竹千代は、天下一の武将への第一歩をふみだしていたのです。
 長じては、 織田信長、豊臣秀吉からも一目おかれる大名となり、巧みな戦略で勝ち残っていきます。 そして1600年、史上最大の合戦「関ヶ原の戦い」に勝利し、天下統一を果たすと、 その後260年以上続く江戸幕府を開きました。 未来を思いえがき、じっとチャンスを待った家康。 戦国の世を生きぬき、ついには新しい時代をつくったのです。 

*巻末に人物伝つき
*小学上級から 
*すべての漢字にふりがなつき

目次

  • はじめに
  • 1 春を待つ芽
  • 2 戦旗
  • 3 完成への道
  • 徳川家康の年表
  • 解説 江戸260余年の基礎をきずいた家康  松本清張
  • 徳川家康をめぐる歴史人物伝

製品情報

製品名 徳川家康 (新装版)
著者名 文:松本 清張 絵:寺田 克也
発売日 2017年10月19日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-149914-0
判型 新書
ページ数 346ページ
シリーズ 講談社 火の鳥伝記文庫
初出 本書は講談社火の鳥伝記文庫『徳川家康』(1982年9月初版)を底本に、近年の研究に基づいて表記の改訂を行い、必要な部分に注釈を加えたものです。「解説」は旧版のものを再録しました。

著者紹介

文:松本 清張(マツモト セイチョウ)

●1909年、福岡県に生まれる。印刷工、新聞社社員を経て42歳で作家の道へ。「或る『小倉日記』伝」で芥川賞受賞。『点と線』『眼の壁』『砂の器』『ガラスの城』『黒革の手帖』など推理小説の第一人者として多くの作品を発表する一方、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などノンフィクション分野でも活躍。日本ジャーナリスト会議賞、吉川英治文学賞、菊池寛賞、朝日賞など受賞多数。1992年死去

絵:寺田 克也(テラダ カツヤ)

●イラストレーター、漫画家。1963年岡山県生まれ。ゲーム、アニメ、実写映画のキャラクターデザイン、小説のカバー、挿絵、漫画など、幅広い分野で活躍中。海外での仕事も多い。おもな著書に「西遊奇伝大猿王」シリーズ、伊坂幸太郎の朝日新聞連載小説を再構成した『寺田克也式ガソリン生活』などがある。

オンライン書店で見る