「街的」ということ

講談社現代新書
マチテキトイウコトオコノミヤキヤハマチノガッコウダ
「街的」ということ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

街の雑誌(リージョナル・マガジン)『ミーツ』前編集長が綴る 京阪神街場のたのしみ
<応援文・内田樹>

お好み焼き屋は街の学校だ
街のお好み焼き屋で嫌な思いをしたことがある人は、その店でワガママを言えるようになる可能性がある。なんだか居心地が悪くて違和感を感じた自分は、その場では不完全な存在で、つまり子どもであることを知れば、はじめて大人という存在を感じることができる。それが街の大人への第一歩かもしれないが、近道はない。そういうものなのである。――<本文より>

目次

  • ●都会と街は違う
  • 都会と街/情報の中にある都会/「いなかもの」と呼ばれると人は悲しい/街場のコミュニケーション/街は企画・編集されない
  • ●街には店がある
  • ソウル&リージョナル・フードとしてのお好み焼き/街場の「うまい」/神戸に行列のできるラーメンがない理由/店のカテゴリー化、あるいはジャンル化/カフェ伝説序説/街のでき方 大阪・ミナミの場合/会員制と会員制的/店は極めない、を京都で知る
  • ●メディアと街情報
  • データは実は伝わらない/情報誌と街の関係/街を見ること、街を書くこと
  • ●街で大人として生きる
  • 鮨屋の母国語/お好み焼き屋は街の学校だ/ワインのコミュニケーション不全/酒場馬鹿/常連は難しい/街の先輩

製品情報

製品名 「街的」ということ
著者名 著:江 弘毅
発売日 2006年08月19日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-149856-3
通巻番号 1856
判型 新書
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社現代新書