老後がこわい

講談社現代新書
ロウゴガコワイ
  • 電子あり
老後がこわい
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「負け犬」から突然更年期へ。老後はどーなる。いつまで働けば、経済的に不安はないか。老いた親の面倒は誰がみるのか。終の棲家はどこにするか。誰と暮らすか。遺言状・お墓の準備は必要? 不安・疑問に答える。

目次

  • 第1章 ひとり暮らしの友の死
  • 第2章 “終の棲家”は必要か
  • 第3章 いつまで働けるか
  • 第4章 親の死はどう乗り越える
  • 第5章 「介護は家族」が主流の中で
  • 第6章 病気になると何がたいへん?
  • 第7章 ペットを失う時
  • 第8章 孤独死だなんて言われたくない
  • 第9章 「私らしいお別れ」なんてあるのか
  • 第10章 自分のための葬儀・遺骨処理を

製品情報

製品名 老後がこわい
著者名 著:香山 リカ
発売日 2006年07月20日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-149852-5
通巻番号 1852
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社現代新書

関連シリーズ

オンライン書店で見る