「関係の空気」「場の空気」

講談社現代新書
カンケイノクウキバノクウキ
  • 電子あり
「関係の空気」「場の空気」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ上司と部下は話が通じないのか。キレる若者・息苦しい教室・無意味な会議・くだらない標語・リストラと自殺・女性の雇用と少子化問題・女子アナ人気・小泉劇場……、「なんか変だ」。


なぜ上司と部下は話が通じないのか
キレる若者・息苦しい教室・無意味な会議・くだらない標語・リストラと自殺・女性の雇用と少子化問題・女子アナ人気・小泉劇場……、「なんか変だ」

村上龍氏推薦!!
「日本語は、日本社会を映す鏡であり、駆動させる燃料でもある。NY在住の著者は『空気』というキーワードで『流通する日本語』を正確に検証している」

「空気」がすべてを決めていく……国際関係、少子化、高齢化、若年層の雇用、教育、財政赤字、消費税率、年金……。論点のそれぞれは深刻なのに、激しい対立もなければ現実的な妥協もない、それでいて何となく何かが決まっていく、あるいは先送りされていく、それが日本社会のようだ。そこでは「空気」がすべてを支配しているといってもよいだろう。論理や事実ではなく、「空気」が意思決定の主役になり、またその「空気」が風向きの変化によってよく変わるのだ。(中略)「空気」が支配しているのは、一国レベルの「世論」だけではない。個々の企業における「社内世論」や、学校のクラスにおける「先生ムカツク」とか「○○ちゃんウザい」というようなものも「空気」に他ならず、それぞれの小社会であたかも絶対権力を握っているかのようである。そして、この「空気」に対して、日本人の一人一人は無力である。「何ごともその場の空気によって決まる、というのは良いことではない。だが、その場の空気が濃くなればそれに対抗するのは難しいし何よりも損だろう」そんな感覚が日本の社会の隅々までを満たしている。――<「はじめに」より>

目次

  • 第1章 関係の空気
  • 第2章 日本語の窒息
  • 第3章 場の空気~『「空気」の研究』から三十年
  • 第4章 空気のメカニズムと日本語
  • 第5章 日本語をどう使うか

製品情報

製品名 「関係の空気」「場の空気」
著者名 著:冷泉 彰彦
発売日 2006年06月20日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-149844-0
通巻番号 1844
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る