知ってる古文の知らない魅力

講談社現代新書
シッテルコブンノシラナイミリョク
  • 電子あり
知ってる古文の知らない魅力
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「つれづれなるままに、日ぐらし、硯にむかひて……」徒然草の有名な書き出しは、実は兼好法師のオリジナルじゃなかった!? 「つれづれなりし折……」(和泉式部)、「つれづれに侍るままに……」(堤中納言物語)、「つれづれのままに……」(讃岐典侍日記)など、平安時代の定番フレーズがその源にあった。古典文学の大河の間にまに掬い上げられる名句から、新たに生まれる流れを辿ってゆく。


「つれづれなるままに、日ぐらし、硯にむかひて……」徒然草の有名な書き出し。実は兼好法師のオリジナルじゃない!?

「つれづれなりし折……」(和泉式部)
「つれづれに侍るままに……」(堤中納言物語)
「つれづれのままに……」(讃岐典侍日記)
平安時代の定番フレーズをいただきました。

目次

  • 第1章 『源氏物語』――女性たちのドラマ
  • 第2章 『平家物語』――男性たちのドラマ
  • 第3章 『枕草子』――自然を切り取る
  • 第4章 『おくのほそ道』――漂泊する人生
  • 第5章 『竹取物語』――伝承を乗り越えて
  • 第6章 『伊勢物語』――小さな恋の物語

製品情報

製品名 知ってる古文の知らない魅力
著者名 著:鈴木 健一
発売日 2006年05月19日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-149841-9
通巻番号 1841
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る