「日本」とは何か

講談社現代新書
ニホントハナニカコクゴウノイミトレキシ
「日本」とは何か
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『古事記』に「日本」はない!「倭」「やまと」との関係は?
わたしたちは自己をどうとらえてきたか

日本、日本人、日本語、日本文学等々、当たり前のように、わたしたちは「日本」といい、自分たちをあらわす国の名(国号)として何ら疑わずにいる。しかし、その名がどういう意味をもつかということについて、共通の認識をもっているであろうか。小学校や中学校で、「日本」という名の意味を教えられた(あるいは、いま教えられている)であろうか。……この国は古代から変わることなく「日本」としてあり続けてきた。わたしたち自身のために、わたしたちが自己をあらわす「日本」について考えねばならない。それがどのような意味をもって設定されたのか(古代の「日本」)、どのような歴史をたどってきたのか(歴史のなかの「日本」)ということについて、きちんと見届けることがもとめられる。――<本書より>

目次

  • 第1章 「日本」の登場
  • 第2章 古代帝国における「日本」
  • 第3章 古代中国における「倭」と「日本」
  • 第4章 『日本書紀』講書のなかの「日本」
  • 第5章 「日本」と「やまと」
  • 第6章 「日本」の変奏
  • 第7章 「東海姫氏国」ほか
  • 第8章 近代における「日本」

製品情報

製品名 「日本」とは何か
著者名 著:神野志 隆光
発売日 2005年02月19日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-149776-4
通巻番号 1776
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書