性の用語集

講談社現代新書
セイノヨウゴシュウ
性の用語集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「性の言葉」の起源と変遷!「性」はいつからセックス的意味になった?なぜ陰毛が「ヘア」なのか?どうして「風俗」は「フーゾク」に?

「性」という言葉を見ると、日本語文化圏で生まれ育った人たちは、たいてい「セックス」や「セックスに関連する事柄」をさしている、と思うようだ。(中略)しかし、「セックス」や「セックス的事柄」は、「性」のもともとの意味ではない。白川静著『字通』(1996年)を見ると、「性」は「それぞれの持つ本質や属性」をいい、また「ものが固有するもの」を指すとしている。つまり、「さが、たち、うまれつき、もちまえ」などをいうのである。世界や世界にあるものの本質・属性が「性」である。(中略)つまり、どこかの時点で、また、どこかの地点で、「性」という漢字、あるいは、言葉・記号に、「セックス」という意味が加わったのである。――<本書より>

<本書でとりあげた用語(一部)>
性/エロ・エロス/エッチとエスエム/変態‐H/童貞/処女/ヘア/フーゾク・風俗/ママ/ホステス/おかま/女装/巨乳/――専/コンドーム/セックスレス/カーセックス/のぞき/立小便/アベックはカップルか?/ニューハーフ/Mr.レディ・Miss.ダンディ/援助交際/社交/ノンケ/フリーセックス/不能/ブルー……
愉快に(でも真剣に)エッチな言葉を考えてみた!

目次

  • 第1部 誰でも知ってるあの言葉
  • 第2部 意外に知らないあの言葉
  • 第3部 誰か知ってる?この言葉

製品情報

製品名 性の用語集
著者名 著・編:関西性欲研究会 編:井上 章一 編:斎藤 光 編:永井 良和 編:古川 誠
発売日 2004年12月19日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-149762-7
通巻番号 1762
判型 新書
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社現代新書

関連シリーズ