教育と国家

講談社現代新書
キョウイクトコッカ
教育と国家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「愛国心」教育のウソを衝く!

戦後教育悪玉論
教育基本法を改正すれば教育がよくなると言う論者は、学校教育の意味をまったく問い直さず、かつてうまく機能していた(と彼らが思っている)学校制度をそのまま復活させれば子どもがよくなる、と思いこんでいる。しかし、今日ではむしろ近代の学校制度そのものが新たな社会環境、メディア環境によって問い直されているのです。そこにかつてなかった学校現場の現象も生じてきているのですから、教育基本法は学校教育制度を自明の前提としているという面では問い直されるべきですが、それは現在の改正論とはまったくレベルの違う問題なのです。――<本文より>

目次

  • 第1章 戦後教育悪玉論――教育基本法をめぐって
  • 第2章 愛国心教育――私が何を愛するかは私が決める
  • 第3章 伝統文化の尊重――それは「お国のため」にあるのではない
  • 第4章 道徳心と宗教的情操の涵養――「不遜な言動」を慎めという新「修身」教育
  • 第5章 日の丸・君が代の強制――そもそもなぜ儀式でなければならないのか
  • 第6章 戦後教育のアポリア――権力なき教育はありうるか

製品情報

製品名 教育と国家
著者名 著:高橋 哲哉
発売日 2004年10月19日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-149742-9
通巻番号 1742
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス