「しきり」の文化論

講談社現代新書
シキリノブンカロン
  • 電子あり
「しきり」の文化論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人と「しきり」の関係に迫る刺激的論考! 自己と他者・ウチと外・聖と俗・日常と非日常・私と公。いずれも「しきられた」両方の世界を表す言葉である。「しきり」をキーワードに文化・社会を読み解く。

目次

  • 第1章 しきるということ
  •  1――自己と非自己/アイデンティティ
  •  2――自己と他者
  •  3――しきるという思考
  •  4――空間的しきりと時間的しきり
  •  5――社会的しきり
  • 第2章 しきられる世界
  •  1――聖と俗
  •  2――日常と非日常
  •  3――集団によるしきり
  • 第3章 生活の中のしきり
  •  1――住まいのしきり(遮断)の装置
  •  2――汚れのしきり
  •  3――私用と共用によるしきり
  • 第4章 しきりの提案
  •  1――ミース・ファン・デル・ローエによるしきり
  •  2――中廊下式間取りの提案
  •  3――50、60年代のモダンリビングの提案
  •  4――オフィス空間

製品情報

製品名 「しきり」の文化論
著者名 著:柏木 博
発売日 2004年05月19日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-149719-1
通巻番号 1719
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る