聖典「クルアーン」の思想

講談社現代新書
セイテンクルアーンノシソウイスラームノセカイカン
聖典「クルアーン」の思想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ラマダーン月、ジハードから原型「天の書」まで
アッラーはすべてを決定する! 運命は書き換えられない!?

ユダヤ教・キリスト教への愛憎、運命観、社会の規範……ムスリムの聖典を読み解き、真のイスラーム理解へ誘う。

目次

  • 第1章 クルアーンとはいかなる聖典なのか?
  •  1――誕生の経緯 アッラーの啓示から書物へ
  •  2――構成と内容
  •  3――読誦されるクルアーン 日常生活のなかで
  •  4――クルアーンが語るクルアーン その自己認識
  • 第2章 預言者たちとクルアーンに先行する諸啓典
  •  1――「啓典の民」と「純正一神教徒」 クルアーンのユダヤ・キリスト教徒観
  •  2――預言者たちと啓典 アダムからアブラハムへ
  •  3――モーセの「律法の書」、ダビデの「詩篇」、イエスの「福音の書」
  •  4――クルアーンの優越性
  • 第3章 「天の書」とクルアーン
  •  1――「天の書」と人間の運命
  •  2――「記録の書」と人間の自由意思
  •  3――「天の書」からクルアーンへ 啓示が下される時
  • 第4章 日本人とクルアーン
  •  1――英雄「マホメット」への関心 大正のクルアーン訳
  •  2――「亜細亜との連帯」を目指して 戦前のクルアーン訳
  •  3――学問と信仰 戦後のクルアーン訳

製品情報

製品名 聖典「クルアーン」の思想
著者名 著:大川 玲子
発売日 2004年03月20日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-149711-5
通巻番号 1711
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書