時間の分子生物学

講談社現代新書
ジカンノブンシセイブツガクトケイトスイミンノイデンシ
  • 電子あり
時間の分子生物学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ午前中は時間の進みが速く感じられるか。徹夜明けに突然目が冴えてくるのはなぜか? 分子生物学が解き明かした驚異のメカニズムから生物時計とうまく付きあう方法まで、第一線の研究者が平易に解説する。(講談社現代新書)


なぜ午前中は時間の進みが速く感じられるか。徹夜明けに突然目が冴えてくるのはなぜか? 分子生物学が解き明かした驚異のメカニズムから生物時計とうまく付きあう方法まで、第一線の研究者が平易に解説する。

目次

  • 1章 なぜ生物時計があるのか
  • 2章 脳の中の振り子
  • 3章 生物時計の部品の発見
  • 4章 分子生物学が明かした驚異のしくみ
  • 5章 不眠症のハエから睡眠遺伝子を探る
  • 6章 睡眠の謎
  • 7章 生物時計は睡眠をどう制御しているか
  • 8章 睡眠研究の突破口――ナルコレプシー

製品情報

製品名 時間の分子生物学
著者名 著:粂 和彦
発売日 2003年10月17日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-149689-7
通巻番号 1689
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る