道徳を基礎づける―孟子vs.カント,ルソー,ニーチェ

講談社現代新書
ドウトクヲキソヅケルモウシウブイエスカントルソーニーチェ
道徳を基礎づける―孟子vs.カント,ルソー,ニーチェ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

現代フランス思想のトップランナーが仕かける孟子と啓蒙哲学者の対話

井戸に落ちそうになった子供を助けようとするのはなぜか――。
誰にでもある経験を起点に、カント、ルソーや孟子を比較検証。洋の東西を軽々と超える、現在フランス哲学の俊秀の快著。

ある王の逸話――謁見の儀の折、1頭の牛が供犠のために引き連れられて横切ってゆくのを、王が目にしたときのことである。処刑場に引き立てられる無辜の民にも似た、この動物の怯えた様子に忍びず、王は牛を放すように命じた。
その時、家臣たちが尋ねた。「犠牲をやめるべきでしょうか」。王は答えた。「それはできない。この牛に代えて羊を用いよ」。……
王は、怖じけづいた1頭を自分の目で見てしまった。その怯えは彼の目の前に不意に出現したので、心の準備をしておくこともできなかったのだ。ところが、もう一方の動物の運命は、彼にとっては観念にすぎなかった。……
王は苦しんでいるものを「目のあたりにすること」に「忍び」なかった。彼は他者――それが動物でさえも――の運命に無関心ではいられなかったのである。――(本書より)

目次

  • 〈1〉憐れみをめぐる問題
  • 第1章 忍びざるものを前にして
  • 第2章 基礎づけか比較か――あるいは基礎づけのための比較
  • 第3章 憐れみの「神秘」
  • 第4章 道徳心の徴候
  • 〈2〉性と生について
  • 第5章 人性論
  • 第6章 善か悪か
  • 第7章 失われた性を求めて
  • 〈3〉他者への責任
  • 第8章 人間性、連帯
  • 第9章 天下を憂う
  • 〈4〉意志と自由
  • 第10章 妄想的な意志?
  • 第11章 自由の観念無しに
  • 〈5〉幸福と道徳の関係
  • 第12章 正義は地上に存す
  • 第13章 地は天に肩を並べる
  • 第14章 これは中国的教理(カテキスム)ではない
  • 第15章 道徳心は無制約者(天)に通じる

製品情報

製品名 道徳を基礎づける―孟子vs.カント,ルソー,ニーチェ
著者名 著:フランソワ・ジユリアン 訳:中島 隆博 訳:志野 好伸
発売日 2002年06月20日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-149614-9
通巻番号 1614
判型 新書
ページ数 312ページ
シリーズ 講談社現代新書