馬の世界史

講談社現代新書
ウマノセカイシ
馬の世界史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人が馬に乗ったとき世界は変わった!戦車と騎馬が生んだ戦争のかたち、東西の道、世界帝国。馬から歴史を捉え直す。

古代の戦車から、騎馬遊牧民の世界帝国、アラブ馬の伝説、最強の競走馬まで
馬がいなければ、まだ古代が続いていた!?

目次

  • 1章 人類の友
  • 2章 馬と文明世界――戦車の誕生
  • 3章 ユーラシアの騎馬遊牧民と世界帝国
  • 4章 ポセイドンの変身――古代地中海世界の近代性
  • 5章 馬駆ける中央ユーラシア
  • 6章 アラブ馬とイスラム世界
  • 7章 ヨーロッパ中世世界と馬
  • 8章 モンゴル帝国とユーラシアの動揺
  • 9章 火砲と海の時代――近代世界における馬
  • 10章 馬とスポーツ

製品情報

製品名 馬の世界史
著者名 著:本村 凌二
発売日 2001年07月19日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-149562-3
通巻番号 1562
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社現代新書