メディチ家

講談社現代新書
メディチケ
メディチ家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

勃興期の謎、富と栄光の黄金時代、そして君主・教皇への道――ルネサンスを演出した名族500年の興亡!

メディチ家の紋章の由来――メディチの紋章(金地に数個の赤い球を配する)の由来については、2つの説がある。ひとつは、「メディチ」(Medici)の家名そのものが示すように、彼らの祖先は医師(単数medico/複数medici)ないし薬種商であり、赤い球は丸薬、あるいは吸い玉(血を吸いだすために用いる丸いガラス玉)を表しているという説である。
もうひとつは、メディチ家をフィレンツェ随一の大富豪にした当の職業、すなわち銀行業(両替商)にちなんで、貨幣、あるいは両替商の秤の分銅を表しているという説である。
家名の本来の意味を考えれば、医師・薬種商の出身で、丸薬を意匠化したと見るのが自然であるが、13世紀以降の医師・薬種商組合の史料にメディチの一族が登録していた形跡はない。
しかし、一方、貨幣ないし秤の分銅を意匠化したと考えることは、銀行組合(両替商組合)の紋章と比較すると疑問が生ずる。なぜなら、銀行組合の小円板のモティーフは明らかに貨幣を意匠化したものだが、そこでは小円板はコイン状の平板な形状を示しているのにたいし、メディチの紋章では、当初からヴォリユームゆたかな半球状の球(パツラ)が並べられているからだ。――本書より

目次

  • ●メディチ一族の形成
  • ●メディチ銀行の台頭
  • ●メディチ家の覇権確立――コジモ・イル・ヴェッキオの時代
  • ●メディチ家の「黄金時代」――ロレンツォ・イル・マニフィコの時代
  • ●メディチ家の追放と復権
  • ●君主としてのメディチ――フィレンツェ公からトスカーナ大公へ
  • ●メディチ家の衰退と滅亡

製品情報

製品名 メディチ家
著者名 著:森田 義之
発売日 1999年03月19日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-149442-8
通巻番号 1442
判型 新書
ページ数 358ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス