江戸の性風俗

講談社現代新書
エドノセイフウゾクワライトジョウシノエロス
  • 電子あり
江戸の性風俗
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「性」のありようから江戸時代を読みかえる。「肌をゆるす」とはどういうことだったのか。猥談の効用、高貴な人々の性、男同士の絆、恋と色のゆくえ。史料を自在に繙き、「性」の営みから語る江戸の精神史。(講談社現代新書)


「性」のありようから江戸時代を読みかえる。「肌をゆるす」とはどういうことだったのか。猥談の効用、高貴な人々の性、男同士の絆、恋と色のゆくえ。史料を自在に繙き、「性」の営みから語る江戸の精神史。

目次

  • ●良寛さんと「ひとり遊び」
  • ●川路家の猥談
  • ●京都慕情――雅びとエロス
  • ●春画の効用
  • ●薬としての男と女
  • ●男色の変容
  • ●肌を許すということ
  • ●恋のゆくえ
  • ●日本性愛史における江戸の可能性

製品情報

製品名 江戸の性風俗
著者名 著:氏家 幹人
発売日 1998年12月18日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-149432-9
通巻番号 1432
判型 新書
ページ数 220ページ
シリーズ 講談社現代新書

関連シリーズ

オンライン書店で見る