じぶん・この不思議な存在

講談社現代新書
ジブン・コノフシギナソンザイ
  • 電子あり
じぶん・この不思議な存在
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

わたしってだれ? じぶんってなに? じぶん固有のものをじぶんの内に求めることを疑い、他者との関係のなかにじぶんの姿を探る。

探せばどこかにじぶんはある?――「じぶんらしく」なりたい、じぶんとはいったいどういう存在なのかを確認したいと思って、じぶんのなかを探す。顔がいい? 走りが速い? 計算が速くて正確? 明るい? ……どれをとってもわたしだけに固有のものってありはしない。このような性質や能力はだれもが多かれ少かれもっているものだ。性別や年齢や国籍などというのは、それこそみんながもっている。だから、その1つ1つはだれもがもっているものであるにしても、それらの組み合わせにひとりひとり独自のものがあるのだ、というのは、そのときだれもが思いつく論理である。が、これがじぶんというものの、かけがえのない不二の存在を証しているなどというには、あまりにも貧弱な論理であるのは、だれもが直観的に気づいている。――本書より

JEUNESSE―ジュネス―とは、年若いこと。若さとは、いまだ問いを呑み込まず、宇宙の風にさらされること。いわゆる「教養」や「知的好奇心」は、大人のスマートな会話に似合いそうな言葉です。立ち止まってみましょう。自分はどんな問いの渦の上に立っているのか。かすかな謎のささやきに耳を傾ける感性を、また、どんな権威や常識にも頼らぬ思考を、私たちはJEUNESSEと呼びます。古い問題をもう1度新たに問い直し、あたりまえに見える目の前の世界に想像力の自由な視線をめぐらすとき、見たこともない像が立ち上がるのです。現代新書JEUNESSEは、そんな知的感性を大切にしたいと考えます。

目次

  • ●探せばどこかにじぶんはある?
  • ●女の子は「女装」によって女になる
  • ●過敏になったじぶんの先端
  • ●小さな不幸がひきたて幸福
  • ●アイデンティティの衣替え
  • ●わたしはだれにとっての他者か
  • ●他者のなかに位置を占めていない不安
  • ●泳ぐ視線、のぞく視線、折れ曲がる視線
  • ●他人の視線を飾る行為
  • ●じぶんがぼやけることの心地よさ

製品情報

製品名 じぶん・この不思議な存在
著者名 著:鷲田 清一
発売日 1996年07月19日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-149315-5
通巻番号 1315
判型 新書
ページ数 180ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る