ラカンの精神分析

講談社現代新書
ラカンノセイシンブンセキ
  • 電子あり
ラカンの精神分析
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

フロイトを再発見した独自の思想を読み解く対象aは黄金数である――ラカン晩年の言葉を手がかりに辿る構造主義精神分析の本質とその人生の軌跡。ある数式に象徴される主体と言語の存在構造を鮮やかに描く。

目次

  • ●精神分析のロマネスク
  • ●そもそもの始めより
  • ●前夜
  • ●ラカンの登場
  • ●ローマの隅石
  • ●言語という他者
  • ●他者になるということ
  • ●たった一人のパリ
  • ●アガルマを待ちながら
  • ●精神分析の語らい

製品情報

製品名 ラカンの精神分析
著者名 著:新宮 一成
発売日 1995年11月16日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-149278-3
通巻番号 1278
判型 新書
ページ数 318ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る