心のメッセ-ジを聴く

講談社現代新書
ココロノメッセージヲキクジッカンガカタルシンリガク
心のメッセ-ジを聴く
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

自己の解放は内なる「実感」を感じとることから始まる。重く停滞した心を開くフォーカシングの技法を、心理臨床の現場から解説。

カウンセリングと実感――「気持ち」という場合、悲しい、寂しい、嬉しい、など特定の内容をもった感情を指すが、「実感」はそれらよりも複雑で漠然とした、実際に感じられる体験という意味で用いる。たとえば、悲しい「気持ち」といっても、実際に「実感」してみると、そこには悲しきの「質」とか「色」のように、状況によって微妙にことなるトーンがあることがわかるだろう。それを表現してみるとすると、それはおそらく「悲しいような、暗い、重たい……何とも表現しにくい雨音が胸に染み込むようなじーんとした感じ」という具合に複雑で、簡単に「悲しみ」という一言では表現しにくい性質であることがわかるだろう。このような体験をここでは「実感」と表現しておく。――本書より

目次

  • ●「実感」が開かれるとき
  • ●「心の実感」と心理療法
  • ●「心の実感」とカウンセリング・マインド
  • ●「実感」に触れる話し方
  • ●「実感からのメッセージ」の見分け方
  • ●フォーカシングの実際
  • ●フォーカシングの奥に流れるもの
  • ●自分らしさの根源――「からだ」「アタマ」「実感」
  • ●気づきのための傾聴
  • ●人と人がそこにいること

製品情報

製品名 心のメッセ-ジを聴く
著者名 著:池見 陽
発売日 1995年03月16日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-149241-7
通巻番号 1241
判型 新書
ページ数 238ページ
シリーズ 講談社現代新書

関連シリーズ

おすすめの本

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス