客家

講談社現代新書
ハッカチュウゴクノウチナルイホウジン
  • 電子あり
客家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

辛亥革命はなぜ成功したのか? 共産党の長征はなぜ可能だったか? トウ小平、朱徳、葉剣英など、多くの革命家を生み、中国を支配する客家の「血のネットワーク」。太平天国からニクソン訪中、華南経済圏まで、宋代文化を現在に残す小数民俗に、もうひとつの中国史を読む。(講談社現代新書)


東洋のユダヤ・客家族から中国の政治を読む孫文,葉剣英、トウ小平、リークアンコー…。中国、東南アジアの政治を影から動かす少数民族・客家族。「中国人の中の中国人」と呼ばれる彼らのネットワークに迫る。

目次

  • ●東洋のユダヤ人
  • ●長征幹部の五分の一が客家人
  • ●中原からやってきた人々
  • ●世界最初の共和国、蘭芳大統制
  • ●科学に強い客家人
  • ●生き続ける宋代語
  • ●孫文を助けた洪門会
  • ●客家系金融シンジケート
  • ●独創する華南経済圏
  • ●「北の客家」か「南の客家」か

製品情報

製品名 客家
著者名 著:高木 桂蔵
発売日 1991年06月17日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-149057-4
通巻番号 1057
判型 新書
ページ数 212ページ
シリーズ 講談社現代新書

関連シリーズ

オンライン書店で見る