ハプスブルク家

講談社現代新書
ハプスブルクケ
  • 電子あり
ハプスブルク家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

キリスト教が心なら、ハプスブルク家は背骨である。ヨーロッパの「宗家」ハプスブルク家の盛衰。王家の中の王家、超国家的な支配原理で陽の沈まない帝国を築いたハプスブルク家。カール5世、マリア・テレジア等の闘争と政略の700年を通しヨーロッパを考える。(講談社現代新書)


ヨーロッパの「宗家」ハプスブルク家の盛衰。王家の中の王家、超国家的な支配原理で陽の沈まない帝国を築いたハプスブルク家。カール五世、マリア・テレジア等の闘争と政略の七百年を通しヨーロッパを考える。

目次

  • ●ハプスブルクの揺籃期
  •  ヨーロッパの表舞台へ
  • ●マクシミリアン1世
  •  ハプスブルクの結婚政策
  • ●カール5世とその時代
  •  プロテスタントの問題
  • ●ウィーンとマドリッド
  •  ハプスブルクの兄弟争い
  • ●マリア・テレジア女帝
  •  開かれた宮廷

製品情報

製品名 ハプスブルク家
著者名 著:江村 洋
発売日 1990年08月10日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-149017-8
通巻番号 1017
判型 新書
ページ数 248ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る