ロ-マはなぜ滅んだか

講談社現代新書
ローマハナゼホロンダカ
ロ-マはなぜ滅んだか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

全世界から巨富を集め、繁栄の限りをつくしたローマ帝国。食卓をにぎわす珍鳥・珍魚、文学に、スポーツに進出する「自由な女」、文化となった愛欲――。「永遠」をうたわれた巨大文明の興亡の中に現代の超大国・日本の姿を透し見る。

ローマ人たちの胃――ローマ人は全世界からあらゆる珍味を集めたが、放恣に疲れ切った彼らの胃は、それを受容れることができなくなったのである。ローマ人は、「食べるために吐き、吐くために食べているのだ」というセネカの非難は、単に過食の贅沢に向けられたものではなかった。全世界からかき集められた富を、奢侈と浪費に蕩尽している不健康な悪徳に対する文明批判なのである。吐いた汚物は、便所か路傍の小便壺に捨てられるか、あるいは道端に投げ捨てられる。不正によってかき集められた富は、こうして無駄に浪費されてゆく。――本書より

目次

  • ●権勢の絶頂にあって没落の日を思う
  • ●現代世界との構造的類似性
  • ●ローマ帝国の繁栄とは何か
  • ●「そのとき人類は最も幸福であった」
  • ●すべての道はローマに通ず
  • ●最大の富豪――皇帝
  • ●「食べるために吐き、吐くために食べる」
  • ●性の自由を謳歌して
  • ●ローマを支えたゲルマン出身者
  • ●「周辺」と「中心」の逆転をうけいれられるか

製品情報

製品名 ロ-マはなぜ滅んだか
著者名 著:弓削 達
発売日 1989年10月17日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-148968-4
通巻番号 968
判型 新書
ページ数 242ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス