少年H(下)

青い鳥文庫
シヨウネンエッチ
少年H(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

読み終わるのがおしい面白さ!

なんで、そうなるんや!
新聞も、大人も、だれもほんとうのことをいわない、そしていえない。それが「戦争」なのだ。そして敗戦。Hが見たものは……。

中学校の軍事教官ににらまれ、殺されそうになったHは、教練射撃部に入部し、難を逃れようとする。その後、戦火はいよいよ身近にせまり、米軍の空襲は日本全国におよぶ。
ある夜、ついに神戸が大空襲を受け、Hと母は、爆弾の雨の中を逃げまどう……。昭和20年8月15日、日本は敗戦を迎え、そこでHが見たものは!

学校の廊下にも“海軍兵学校”や“陸軍士官学校”への受験を勧めるポスターが貼ってあった。その横に“鬼畜米英・撃ちてしやまん”の大きなポスターも並んでいた。
「米英の音楽も禁止になったけど、敵の言葉を中学で教えているのは理屈にあわん”ということで、とうとう英語の授業がなくなるらしいぞ」(中略)
松本先生が教室のドアをまだ閉め切らないうちに、2、3人の生徒が、「英語の授業がなくなるというのは本当ですか?」と口々に聞いた。

製品情報

製品名 少年H(下)
著者名 著:妹尾 河童 絵:妹尾 太郎
発売日 2002年06月20日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-148591-4
判型 新書
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫
初出 1997年1月に小社より単行本として刊行、1999年6月に講談社文庫として刊行。