魔女の隠れ里 名探偵夢水清志郎事件ノート

青い鳥文庫
メイタンテイユメミズキヨシロウジケンノート004マジョノカクレザトメイタンテイユメミズキヨシロウジケンノート
  • 電子あり
魔女の隠れ里 名探偵夢水清志郎事件ノート
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

笙野之里(しょうののさと)で企画している推理ゲームのアドバイザーをたのまれ、夢水名(迷)探偵は桜の咲く里へやってきた。ところが、ついたとたんにとどいたのは、『魔女』と名乗る人物からのメッセージ。そしてすぐに、謎の推理ゲームがはじまって……。『魔女の隠れ里』のほか、雪霊の藪の謎、羽衣母さんの謎もある、名探偵夢水清志郎事件ノート第4作。

目次

  • プロローグ 名探偵に関する一考察
  • 第I部・おもな登場人物
  • 第I部 消える足あとと幽霊のシュプール
  •  1 ポチ1号でA高原へ
  •  2 雪霊伝説
  •  3 恭兵くんと博司くん
  •  4 幽霊のシュプール
  •  5 雪霊の藪を切るな!
  •  6 幽霊のシュプールの正体
  • 休憩 羽衣母さんの華麗な一日
  • 第II部 魔女の隠れ里
  •  1 『謎解き紀行』シリーズ第二弾
  • 第II部・おもな登場人物
  •  2 笙野之里
  •  3 魔女からの宅配便
  •  4 推理ゲーム
  •  5 第一の被害者
  •  6 二十年まえの事件と魔女
  •  7 第二の被害者
  •  8 魔女が空を歩いた
  •  9 第三の被害者
  •  10 第四の被害者
  •  11 わたしが魔女
  •  12 魔女の復讐
  •  13 事件解決後の事件?
  • 終幕 夢水清志郎の最後のあいさつ
  • エピローグ 名探偵に関する一考察、ふたたび
  • あとがき

製品情報

製品名 魔女の隠れ里 名探偵夢水清志郎事件ノート
著者名 著:はやみね かおる 絵:村田 四郎
発売日 1996年10月15日
価格 定価 : 本体650円(税別)
ISBN 978-4-06-148446-7
判型 新書
ページ数 270ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

おすすめの本

オンライン書店で見る