人間関係の心理学

講談社現代新書
ニンゲンカンケイノシンリガク
人間関係の心理学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

他人とまともに視線を合わさない人がいる。日本人には、対人恐怖症さえ少なくない。人びとが真の人間関係を見失ったのは、これと無関係だろうか。著者は、たんに和気あいあいの「よい人間関係」ではなく、「ほんとうの人間関係」を模索してきた。まなざしを、ただ相手に向けるのではない。瞳は“人見”であり、たがいに瞳をとどかせるのだ。その重さを説き人が真の人間関係を見出してゆく過程を描き出す。対人関係トレーニングでの、著書の豊富な体験をもとに、人間一般より、かけがえのない一人一人の人間のあり方を説く本書は、さまよえる現代人のための人生読本である。

とどかない視線――他人の眼を見つめることは勇気がいる。まして他人のまなざしを自分のひとみで受けとめることは、身もすくむ思いだ。……それはしかし、そのまなざしが、私のひとみに、私のなかまでとどいたときのことだ。視線がこちらに向かってはいるが、とどいていないとき、その人の眼は、たんなる眼球という物体にすぎない。そんなとき、その人の眼は生きた眼というより、瀬戸物のように見える。Tグループのなかでは、だれもがこうした経験をするが、日常の対人関係のなかでも、少し気をつければ気がつくにちがいない。――本書より

目次

  • ●人間関係をどう考えるか
  •  日本人論への疑問/Tグループの体験を通して
  • ●性格は変化するか
  •  パーソナリティのとらえかた
  • ●「感じる」ことの意味
  •  グループ体験とはなにか/自己と他者
  • ●「自己」をどうとらえるか
  •  孤独とさびしさ/親子関係の心理学
  • ●「ほんとうの人間関係」を考える
  •  その人らしさを求めて

製品情報

製品名 人間関係の心理学
著者名 著:早坂 泰次郎
発売日 1979年04月24日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-145539-9
通巻番号 539
判型 新書
ページ数 206ページ
シリーズ 講談社現代新書

関連シリーズ