改訂 酵素―科学と工学

カイテイコウソカガクトコウガク
改訂 酵素―科学と工学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

定番教科書の改訂版。酵素反応速度論などの基礎から最近のバイオテクノロジーによる応用まで、深く、幅広く解説。応用面では最先端の情報を掲載。基礎と工学の両方を同時に学べるのはこの1冊だけ!

目次

  • 1章 序論
  •  1.1 酵素科学の歴史
  •  1.2 酵素工学の歴史
  • 2章 酵素の構造
  •  2.1 タンパク質の構造
  •  2.2 酵素の活性部位と検索法
  •  2.3 酵素の立体構造
  • 3章 酵素の触媒機構
  •  3.1 遷移状態理論
  •  3.2 酵素触媒の原理
  •  3.3 遷移状態安定化の分子機構
  •  3.4 ラジカル酵素触媒
  •  3.5 酵素の触媒能の評価
  •  3.6 同位体効果
  •  3.7 触媒機構の例
  • 4章 コファクターと作用機構
  •  4.1 コファクター
  •  4.2 補欠分子族型補酵素と作用機構
  •  4.3 基質型補酵素と作用機構
  •  4.4 金属イオンと作用機構
  • 5章 酵素の特性
  •  5.1 安定性
  •  5.2 特異性
  •  5.3 活性調節
  • 6章 酵素の調製と分析
  •  6.1 抽出
  •  6.2 精製
  •  6.3 遺伝子工学技術を活用した大量調製
  •  6.4 分析
  • 7章 酵素反応速度論
  •  7.1 酵素反応速度論の基礎
  •  7.2 パラメータの求め方と意味
  •  7.3 多基質反応の解析
  •  7.4 酵素阻害の解析
  • 8章 酵素の分子工学
  •  8.1 酵素の合理的再設計
  •  8.2 基質および補酵素特異性の転換
  •  8.3 特性の改変
  •  8.4 進化分子工学
  • 9章 物質生産への応用
  •  9.1 食品製造
  •  9.2 化学工業
  •  9.3 バイオ燃料
  •  9.4 医薬品製造
  • 10章 酵素と医療
  •  10.1 酵素を用いる臨床分析
  •  10.2 酵素の医療への応用
  •  10.3 酵素阻害剤の医薬品としての開発
  • 11章 環境との関わり
  •  11.1 難分解性人工化合物の分解
  •  11.2 合成高分子化合物の分解
  •  11.3 バイオプラスチック
  •  11.4 環境浄化への利用
  • 12章 酵素以外の生体触媒
  •  12.1 リボザイム
  •  12.2 抗体触媒

製品情報

製品名 改訂 酵素―科学と工学
著者名 著:虎谷 哲夫 著:北爪 智哉 著:吉村 徹 著:世良 貴史 著:蒲池 利章
発売日 2012年12月21日
価格 定価 : 本体3,900円(税別)
ISBN 978-4-06-139837-5
判型 A5
ページ数 304ページ
シリーズ 生物工学系テキストシリーズ

著者紹介

著:虎谷 哲夫(トラヤ テツオ)

 岡山大学特命教授・名誉教授。

著:北爪 智哉(キタヅメ トモヤ)

 東京工業大学名誉教授。

著:吉村 徹(ヨシムラ トオル)

 名古屋大学大学院生命農学研究科教授。

著:世良 貴史(セラ タカシ)

 岡山大学大学院自然科学研究科教授。

著:蒲池 利章(カマチ トシアキ)

 東京工業大学大学院生命理工学研究科准教授。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス