四つの終止符

講談社文庫
ヨッツノシュウシフ
  • 電子あり
四つの終止符
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

下町のおもちゃ工場で働く晋一は耳の不自由な青年だった。ある日、心臓病で寝たきりの母が怪死する。栄養剤から砒素が検出されたとき、容疑は晋一に集中した。すべてが不利な中で彼は無実を叫びつつ憤死する。そして馴染みのホステスも後を追う。彼をハメたのは誰? ヒューマニズムに裏打ちされた秀作。(講談社文庫)


下町のおもちゃ工場で働く晋一は耳の不自由な青年だった。ある日、心臓病で寝たきりの母が怪死する。栄養剤から砒素が検出されたとき、容疑は晋一に集中した。すべてが不利な中で彼は無実を叫びつつ憤死する。そして馴染みのホステスも後を追う。彼をハメたのは誰? ヒューマニズムに裏打ちされた秀作。

製品情報

製品名 四つの終止符
著者名 著:西村 京太郎
発売日 1981年10月13日
価格 定価 : 本体514円(税別)
ISBN 978-4-06-136212-3
判型 A6
ページ数 297ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る