新イラスト版 コロボックル物語2 豆つぶほどの小さないぬ

シンイラストバンコロボックルモノガタリ2マメツブホドノチイサナイヌ
新イラスト版 コロボックル物語2 豆つぶほどの小さないぬ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 日本で初めての本格的ファンタジーとして、1959(昭和34年)の初版から読みつがれてきた傑作「コロボックル物語」シリーズ。毎日出版文化賞、国際アンデルセン国内賞も受賞しています。また、最近では人気作家の有川浩氏が、佐藤さとる氏公認で書くことになっている「続編」にも注目が集まっています。
 このたび、「コロボックル物語」でデビューし、その挿絵を手がけてきた画家・村上勉氏が、画業50年を迎え、創作の集大成として、すべての挿絵を新たに描き下ろしました。
 円熟したイラストとともに、手に取りやすいサイズで刊行する「新イラスト版 コロボックル物語」です。

 小山にすむ小人の一族、コロボックルたちは、むかし豆つぶほどの小さないぬを飼っていた。コロボックルよりも、もっとすばしっこくて、りこうな動物だったという。
 ところが、死にたえたといわれていたそのマメイヌが、いつまでも生き残っているらしい。
 マメイヌさがしに、コロボックルたちの大かつやくがはじまった。
「だれも知らない小さな国」の続編。 

※小学5年以上漢字にルビつき

製品情報

製品名 新イラスト版 コロボックル物語2 豆つぶほどの小さないぬ
著者名 作:佐藤 さとる 絵:村上 勉
発売日 2015年10月28日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-133524-0
判型 四六
ページ数 280ページ
シリーズ 児童文学創作シリーズ

著者紹介

作:佐藤 さとる(サトウ サトル)

1928年、神奈川県生まれ。『だれも知らない小さな国』で毎日出版文化賞・国際アンデルセン賞国内賞などを、「おばあさんのひこうき」で児童福祉文化賞・野間児童文芸賞を受賞。日本のファンタジー作家の第一人者として知られる。

絵:村上 勉(ムラカミ ツトム)

1943年、兵庫県生まれ。1965年、佐藤さとる作のコロボックル物語の挿絵でデビュー。コロボックル物語シリーズのほか、挿絵、絵本、装丁など、出版美術界と深く関わってきた。作品に『おばあさんのひこうき』(小学館絵画賞受賞)、『おおきなきがほしい』『きつね三吉』ほか多数。有川浩とのコラボレート作品『旅猫レポート』『コロボックル絵物語』がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス