無限の不思議

ブルーバックス
ムゲンノフシギソノサキニナニガアル
  • 電子あり
無限の不思議
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

線分を無限に分割していったら、最後に何が残るか?紀元前6世紀、循環論法「すべてのクレタ人は嘘つきである」にはじまった人間と無限との格闘は、わずか1世紀後、アキレスと亀のパラドクスを掲げた「ツェノンの逆説」の出現により完全にストップしてしまいました。以来、数学の本流は無限を避け続け、ようやく20世紀に誕生した「集合論」によって、無限の正体が明らかにされつつあります。無限大、無限小…その先に何があるか


線分を無限に分割していったら、最後に何が残るだろうか?
紀元前6世紀、循環論法「すべてのクレタ人は嘘つきである」にはじまった人間と無限との格闘は、わずか1世紀後、アキレスと亀のパラドクスを掲げた「ツェノンの逆説」の出現により完全にストップしてしまいました。以来、数学の本流は無限を避け続け、ようやく20世紀に誕生した「集合論」によって、無限の正体が明らかにされつつあります。無限大、無限小……その先にいったい何があるのか、本書は人間の知的世界に暗躍するこの怪物に、ドン・キホーテのように挑戦しようというものです。

目次

  • 1 物語・伝説にみる無限
  •   1.無限のイメージ
  •   2.童話と千夜一夜物語
  •   3.魔法の世界と数学
  • 2 生活の中の無限の落とし穴
  •   1.落語にみる無限
  •   2.デマの広がり
  •   3.『ネズミ講』のからくり
  • 3 無限とのたわむれ
  •   1.いろいろなパズル
  •   2.メタモルフォーゼ
  •   3.無限曲線と永久運動
  • 4 数学の世界への登場
  •   1.循環論法「クレタ人は嘘つき」
  •   2.「ツェノンの逆説」とその後
  •   3.アルキメデスの積尽法
  • 5 無限のルネサンス
  •   1.人間の心と無限
  •   2.変化と無限手法
  •   3.社会問題とその解決
  • 6 「数学と無限」の話題集
  •   1.無限と有限のかかわり
  •   2.無限の逆利用
  •   3.動く静止衛星
  • 7 無限への新しい挑戦
  •   1.無限論法とその矛盾
  •   2.ボルツァーノの逆説
  •   3.カントールの集合論
  • 8 ネオ・マス時代の無限
  •   1.デタラメの世界
  •   2.幾何学と変換群
  •   3.無限への夢と苦悩

製品情報

製品名 無限の不思議
著者名 著:仲田 紀夫
発売日 1992年12月15日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-132945-4
通巻番号 945
判型 新書
ページ数 200ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る