はこちゃん

絵本
ハコチャン
はこちゃん
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

お友達のみくちゃんの「未来」っていう名前は、明るい未来が来るように。かのんちゃんの「花音」は、きれいな音をイメージした名前。わたし、「葉子」は……? 自分の名前を「葉っぱの子」とからかわれたはこちゃんは、一人きりで泣いていましたが……。
だれもが大切に思っている“名前”をテーマに、女の子のゆれる心と、名前に込められた愛情を描いた、みずみずしいお話。名前を通して、親子の絆にあらためて気づかされる、そんな絵本です。

製品情報

製品名 はこちゃん
著者名 文:かんの ゆうこ 絵:江頭 路子
発売日 2013年04月06日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-132540-1
判型 AB
ページ数 36ページ
シリーズ 講談社の創作絵本

著者紹介

文:かんの ゆうこ(カンノ ユウコ)

1968年東京生まれ。東京女学館短期大学・文科卒業。主な絵本に『カノン』(絵:北見葉胡)、『マルーシカと12の月』(絵:たなか鮎子)、『ルララとトーララ クリスマスのプレゼント』(絵・おくはらゆめ)、『ふゆねこ』(絵:こみねゆら)をはじめとする“四季ねこ”シリーズ(以上すべて講談社)、『ボッチとナナ』(絵:南塚直子/佼成出版社)、『大切なともだち』(絵:葉祥明/大和出版)、『碧空のかけら~チベットの子どもからのおくりもの』(絵:たなか鮎子・英訳:大久保ひろし/エイト社)など、児童書に『とびらの向こうに』(岩崎書店)がある。『星うさぎと月のふね』はプラネタリウム番組化され、各地で上映されている。

絵:江頭 路子(エガシラ ミチコ)

1978年4月 福岡生まれ。熊本大学教育学部卒業。水彩を使用した透明感のある作風で、ストーリー性があるイラストレーションを得意とする。2011年、はじめての絵本『おかぁさん』(文・もっち/ナツメ社)を手がける。装画に『さくら』(金の星社)、『ポテトサラダ』『「ママ」と呼んでくれてありがとう -自閉症の息子と歩んだABA早期療育の軌跡-』(ともに学研教育出版)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス