よみきかせ日本昔話 いっすんぼうし

絵本
ヨミキカセニホンムカシバナシイッスンボウシ
よみきかせ日本昔話 いっすんぼうし
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 よみきかせ日本昔話4,5歳むけ夏の巻。
 子どもがいなくてさびしく思っているおじいさんとおばあさんが、神さまにお願いすると、ある日おばあさんの親指がぷっくりふくれ、小さな男の子が生まれました。ふたりはこの子に「いっすんぼうし」と名づけ大切にそだてます。かしこく、りっぱな若者に成長しますが、大きさは小さいまま。
 ある日、いっすんぼうしは「京の都へでたい」といいだし、針の刀を腰に、おわんの船を箸の櫂でかきながら旅立ちます。京で、大臣さまのお姫さまのお相手として召抱えられたいっすんぼうし。ある日、お姫さまのお供で清水寺へいくと、現われたのは3匹の鬼。みんながお姫様を置いて逃げてしまう中、いっすんぼうしは、ゆうかんにお姫さまを守ります。
 そして鬼が残していった打ち出の小づちを、お姫さまがふるうと……!?
 令丈ヒロ子さんの文、堀川理万子さんの絵で描きだされる、いっすんぼうしは可愛く元気。とくに、いっすんぼうしがぐんぐん大きくなるシーンはわくわくします!
 おおよそ5分ほどでよみきかせることができる長さです。
 おまけの短いお話「おはなしもうひとつ」は、「したきりすずめ」を掲載。

製品情報

製品名 よみきかせ日本昔話 いっすんぼうし
著者名 文:令丈 ヒロ子 絵:堀川 理万子
発売日 2012年05月24日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-132508-1
判型 AB
ページ数 36ページ
シリーズ 講談社の創作絵本

著者紹介

文:令丈 ヒロ子(レイジョウ ヒロコ)

1964年、大阪市に生まれる。嵯峨美術短期大学(現・京都嵯峨芸術大学)卒業。講談社児童文学新人賞に応募した作品で、独特のユーモア感覚を注目され、作家デビュー。おもな作品に「若おかみは小学生!」シリーズ(講談社青い鳥文庫)、『メニメニハート』『パンプキン! 模擬原爆の夏』(以上、講談社)、「ブラック・ダイヤモンド」シリーズ(フォア文庫)、「笑って自由研究」シリーズ(集英社)などがある。

絵:堀川 理万子(ホリカワ リマコ)

1965年、東京生まれ。東京藝術大学美術学部デザイン科卒業、同大学院修了。絵画作品による個展を毎年開催するほか、グループ展、出版など幅広く活躍。絵本に『ぼくのシチュー、ままのシチュー』(ハッピーオウル社)、『おへやだいぼうけん』(教育画劇)、『げんくんのまちのおみせやさん』(徳間書店)、『権大納言とおどるきのこ』(偕成社)、挿絵作品に『バレエ名作絵本 くるみわり人形』(講談社)など多数。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス