野の鈴(上)

講談社文庫
ノノスズジョウ
著:水上 勉 装丁:亀倉 雄策 装画:秋野 不矩
  • 電子あり
野の鈴(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

扁平足で脚が短く、あひるのようにペタペタと歩く、少年・庄吉。9歳の彼の姿は、どことなく剽軽でもの哀しい。その孤独な歩みのたびに、背の鈴の音が響く。戦地の中国・満州で父を失い母と生き別れ、戦後ひとり荒廃した日本へひきあげた庄吉。敗戦直後の東京の焼野原で、母を求めて彷徨い、四国の田舎で生きていく。運命の神に翻弄されながら、やがて来るつかの間の再会。だが、それが永遠の別れへの旅立ちとなった……。戦後の混沌とした時代状況の中で、人間の哀しい定めと愛の美しさを謳い、凜とした深い感動を伝える名作。<上下全2巻>

製品情報

製品名 野の鈴(上)
著者名 著:水上 勉 装丁:亀倉 雄策 装画:秋野 不矩
発売日 1982年10月08日
価格 定価 : 本体360円(税別)
ISBN 978-4-06-131793-2
判型 A6
ページ数 280ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る