王者の妻(上)

講談社文庫
オウジャノツマジョウ
王者の妻(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

十四歳で木下藤吉郎に嫁いだ織田家の養女おねね。秀吉はついに天下を取ったが、その女遍歴によって、おねねは「新たなる敵」に囲まれたことを知る。秀吉の子を産んだ侍女おこほ、信長の弟信包の娘播磨御前、京極高次の姉竜子、前田利家の娘おまあ、蒲生科賢秀の娘おとら、信長の五女、そして淀君‥‥。秀吉の正妻として戦国の世を生きたおねねの愛の苦悩、愛の葛藤を描く長編歴史小説。〈上下 全二巻〉

製品情報

製品名 王者の妻(上)
著者名 著:永井 路子 装丁:亀倉 雄策 装画:丹阿弥 丹波子
発売日 1978年04月26日
価格 定価 : 本体505円(税別)
ISBN 978-4-06-131458-0
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫