ひめゆりの塔

講談社文庫
ヒメユリノトウ
ひめゆりの塔
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

太平洋戦争の末期、死闘をくり返す沖縄に於て、女学生ばかりで結成された姫百合部隊200人余の大半が、米須(こめす)の洞窟で玉砕するまでの悲惨な90日を濃密に描く。乙女たちを中心に、死の行進を強いた戦争指導者への深い憎しみと怒り、戦場に散った若い生命への愛惜が全篇を貫く感動の名篇。(講談社文庫)


太平洋戦争の末期、死闘をくり返す沖縄に於て、女学生ばかりで結成された姫百合部隊200人余の大半が、米須(こめす)の洞窟で玉砕するまでの悲惨な90日を濃密に描く。乙女たちを中心に、死の行進を強いた戦争指導者への深い憎しみと怒り、戦場に散った若い生命への愛惜が全篇を貫く感動の名篇。

目次

  • 死の行進
  • 雨降りやまず
  • 戦火と青春
  • 花散り花咲く
  • ガジュマル樹と塩の山
  • あとがき
  • 語注
  • 年譜

製品情報

製品名 ひめゆりの塔
著者名 著:石野 径一郎
発売日 1977年06月23日
価格 定価 : 本体430円(税別)
ISBN 978-4-06-131388-0
判型 A6
ページ数 225ページ
シリーズ 講談社文庫